月別アーカイブ: 2015年4月

大至急お金が必要なとき

長引く不況でずっと給料カットが続いてる。仕事が忙しい割には安月給で働かされている。節約するところは節約して、売れるものは質屋に売ったり、オークションに出したりしてお金を作ってみたものの、それほど大したお金にはならず。それでも冠婚葬祭など断れないものもあったりして本当に大至急お金が必要になって困っていました。そんな時にカードローンの事を知ったんです。カードローンは無担保無保証で個人にお金を貸してくれるものです。しかもカードローンは最初に借入限度額を決めておいて、その限度額以内であればいつでもいくらでも自由にお金を借りられるというものです。それが便利だなぁって思ってカードローンを申込みました。しかもカードローンはお金を受け取るのも返済をするのもコンビニのATMが利用できるので、仕事が忙しい私にはとても好都合です。カードローンの申し込みはインターネットでしました。とても簡単でした。申し込んで暫く待っていると仮審査の通過の連絡がありました。その後本審査にも通過してカードローンの契約が完了しました。カードローン用のカードが郵送で届くまでの間は申し込みの時に登録しておいた自分の銀行口座にお金を振り込んでもらいました。返済日をメールでお知らせしてくれるサービスもあってとても助かりますし、大急ぎでお金が必要になったときは便利だと思います。

母子家庭とお金

旦那の借金が原因で離婚しました。そして今は母子家庭です。借金まみれのあいつに養育費の支払いができるとは思ってなかったんだけど、一応は養育費を払うっていうから、それなりに期待はしていた。でも期待した私が馬鹿だった。ただの一度も養育費を払ってくれたことはない。振り込みすると約束したのだか、一度も振り込んでもらったことはない。元々諦めてはいたのだけれども、実際にはとても厳しかった。仕事もなかなか決まらなくて、やっと仕事が決まった頃にはすでに私の貯金はほとんどなくなってた。でも今は母子家庭なので仕事をするとなると子供を保育園に入れないといけない。そうすると保育園代がかかってくる。認可の保育園には空きがなかったので無認可の保育園に入れるしかなかった。家賃と保育園代と光熱費を払うと、給料のほとんどがなくなってしまう時もあった。やっと見つけた仕事は歩合給の仕事だったので、毎月の給料にばらつきがある。少ない時は本当にこまってた。そして困り果てた私はカードローンでお金を借りることにした。母子家庭である私にキャッシングでお金を貸してくれるところがあるのかどうか不安だった。でもそんなことも言ってられないので、えいっ!って感じでカードローンの申し込みをした。カードローンの申し込みはインターネットでした。とても簡単だった。そしてとても簡単にカードローンでお金を借りることができた。